スタッフブログ記事

2016.07.07 その他

かき氷を作りました♪

こんにちは、柴田です♪

ここしばらく、暑さのせいか、プラレールの電車がぐるぐる回っているのを見ると、催眠術にかかったかのように頭がトロ~ンとなってしまいます笑

そんな暑さを乗り越えよう!ということで、昨日のクッキングプログラムでは『かき氷』を作りました。
クッキングというより、工作の要素の方が大きいような気もしますが、とにかく、みんなで楽しめて、なおかつ、ひんやり涼しくなれるのでオールOKです。

まずはスタッフがお手本を示して、かき氷器のハンドルを回してみせたのですが、
ガリガリ…う、意外と重い!あ、出てきた出てきた。ガリガリ…、お~!
楽しすぎて、子ども達にやってもらう前に氷を全部けずってしまいそうになってしまいました笑

ということで、大きいお友だちが挑戦。
3436

やっぱり、回し始めは少しハンドルが重くなってしまうため、なかなか苦労していたので、そこはスタッフも手を貸しましたが、ガリガリと調子よく回り始めてからは一人で頑張ってくれました。

氷が雪のようになって出てくるのを見て、とても嬉しそうにしてくれましたよ。

ちなみに、作るのと食べるのとで時間がかかってしまうと溶けて水になってしまう可能性があるのと、シロップも何種類か試してもらいたいということもあって、今回は小さいお皿にちょっとずつかき氷をつくってもらいました。

保護者さまから「かき氷は苦手かもしれません」との情報をいただいていた小さいお友だちは、一口食べて、冷たさにびっくりしたのか思いっきりしかめっ面をしていたのですが、シロップの甘さが気に入ったのか、最後までそのしかめっ面をキープしたまま、かき氷を2皿完食してくれました♪

3457
次は笑顔で食べてくれるかな。

この『かき氷づくり』、「暑い時期だし、冷たいものは喜んでもらえるかな」というような気持ちで企画したものですが、実際にやってみると、“重さが変化するハンドルを回す”という動作と、それをすることによって白い雪のようなもの(=氷)がどんどん出てくる、という一連の作業を子どもたちがとても気に入ってくれました。

クッキングのプログラムでは、「自分がこれを作った!」ということを強く実感することが出来、それによって、自信が生まれるとともに、「食べる」ということに対しての関心を強めることができます。

今回のように、ちょっと難しく、でも、やっぱり楽しい、という作業を経験してもらうことで、より一層、積極的に「もっと自分で何かをやってみる」という気持ちを持ってもらえたらいいな、と考えています。

3476

おやつのあとは三つ編みの練習も行ないましたよ。

 

◎つながるみらいテラスは、夏休み期間も10:00~17:30まで開所しています。

引き続きご利用児童様を募集しています。
ご見学・ご利用体験等いつでもご相談ください。
ご連絡お待ちしております。

《児童発達支援》0歳~未就学のお子さま
《放課後等デイサービス》小1~高3までのお子さま

☆つながるみらいテラス☆

〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-24-22
ツインハイツ栄和1階南側

TEL:06-6699-4411 寺尾まで

メールによるお問い合わせ

 

 

前の記事へ 一覧に戻る 次の記事へ

つながるみらいテラスへの
お問い合わせはこちら

pagetop