スタッフブログ記事

2016.09.05 その他

ダンボールハウス再建 その1

こんにちは、柴田です♪

今年の台風はよくわからないコースを通りますね。
どういう形であれ、被害が小さければ良いのですが…。

これまで、ブログ等でコメントはしてこなかったのですが、つながるみらいテラスのシンボル的な存在であった赤い屋根のダンボールハウスが、この夏休み中にその役割を終えました。

_f1

小さなお友だち、大きなお友だち、みんながとても気に入ってくれて、中でゴロゴロしたり、外から壁にもたれたり、屋根につかまって登ろうとしたり、様々な形でダンボールハウスを可愛がってくれました。

そして、様々な形で愛された結果、壁がだんだんとたわんできたり、屋根が外れてきたり、「このままだと、もたれたときなんかに崩れる可能性もあるよね」ということで、誠に寂しいことでしたが取り壊しが決定しました。
3月に完成して5ヶ月ほど。まぁ、かなり頑張った方ですよね。

ただ単に「取り壊す」ということではなく、「今のダンボールハウスを解体した上で、新しいダンボールハウスを建てる」ということで、気持ちも新たに、新しいダンボールハウス作りのスタートです!

金曜日は、夏休みが終わって学校や幼稚園が始まっていたこともあり、午前中の利用が小さいお友だち一人だけでした。
ダンボールハウス再建の第一歩は、このお友だちが大活躍してくれました。

こんな感じです
6340
そう、スーパーマンとしてビューンと空を飛んで世界の平和を…、

じゃなかった、こっちです。
6359
スーパーはスーパーでも、近くのスーパーまでダンボールを取りに行ってくれました♪

午後になって、大きなお友だちも来てくれたので、大きなお友だちを中心に、「どういうダンボールハウスを作りたいか考えてみて」とお願いすると、

「お菓子の家がいい~!」 お、いいね♪

「ジュースのお風呂!」 今はお風呂のことは考えないでおこうか…

「アラジンのお城よりももっと大きいの!」 そ、それはちょっと無理じゃないかな…

などなど、色んな意見が出ました。

「じゃあ、どんな感じか絵に描いてもらってもいい?」「うん!」

6386
おお~、立派なお城やね。

6390
何枚でもいいから、いろんな案を考えてね。

この間、何人かのスタッフで旧ダンボールハウスの床の部分など再利用できるパーツを切り出していたのですが、カッターナイフを使っての作業だったこともあり、小さいお友だちが「何してるの~?」と近くに来てくれるのを「今は近くに来ちゃだめ~!」と遠ざけたり、なかなかのカオスでした笑

 

そんなこんなで、本格的に始まった新しいダンボールハウスの制作。

お菓子の家ができるのか、アラジンのお城ができるのか、シンデレラ城ができるのか、ブログでも報告していきますので、楽しみにしてくださいね♪

 

◎つながるみらいテラスでは、引き続きご利用児童様を募集しております。
ご見学・ご利用体験等いつでもご相談ください。

ご連絡お待ちしております。

《児童発達支援》0歳~未就学のお子さま
《放課後等デイサービス》小1~高3までのお子さま

☆つながるみらいテラス☆

〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-24-22
ツインハイツ栄和1階南側

TEL:06-6699-4411 寺尾まで

メールによるお問い合わせ

前の記事へ 一覧に戻る 次の記事へ

つながるみらいテラスへの
お問い合わせはこちら

pagetop