スタッフブログ記事

2016.09.26 その他

紙コップでけん玉作り

こんにちは、柴田です♪

昨日は工作プログラムの日でした。

作ったのは、紙コップをつかったけん玉です。

材料は、紙コップ、紐、新聞紙、折り紙、とかなりシンプルなのですが、その分、作った人の個性が表れた素敵なけん玉が出来ましたよ。

まずは、紙コップ2つにそれぞれお絵描きです。

8070

8083a

8152

みんな、かなり真剣に描いてくれました。
そして、『玉』になる新聞紙を丸めます。

大きさは丸めるお友だち次第。でも、紙コップに入る大きさまでですよ。

8103

新聞紙のままだとちょっと寂しいので、上から色紙でコーティング。
そして、紐を紙コップと玉に取り付ける作業はちょっと難しかったのでスタッフがお手伝い。

これで、紙コップけん玉の完成です!

8130

紙コップが背中合わせにくっついて、そこに玉が紐でつながっている、という形が面白かったのか、『けん玉』ということと関係なく、面白がって振り回してくれていたら、いつの間にか、玉がコップに入ってたりしていました笑

とは言え、一応、けん玉ですので、まずスタッフがお手本を示して、お友だちにもやってもらいました。

スナップをきかせて…

8081

それっ!

8104

入りました~♪

「何回か挑戦すると、たまに入る」という感じの、ほどよい難しさも良かったのか、みんな、何回も挑戦しては、喜びの声を上げていました。
こんな感じで、工作として作ったものを気に入って、すぐに遊んでくれるのは本当に嬉しいです。

 

また、この日は、新しいぬいぐるみがテラスの仲間に加わりました。

8040

バイキンマンとアンパンマン号のぬいぐるみです。

普段はアンパンマンが大好きなこのお友だちも、この日ばかりはバイキンマンを主役として『ごっこ遊び』を楽しんでいましたし、他のお友だちも、アンパンマン号のぬいぐるみにまたがって、本当の乗り物のように遊んでいました。

みんな、新しいものが好きなんですね~。

日々のプログラムでも、定番のものは定番のものとして、また、新しいものは新しいものとして、慣れや繰り返しによる技術の習得などを深めつつ、新しいことへの挑戦、好奇心への刺激、など、様々な形で興味を持ってもらえるようなものを提供していきたいと思っています。

 

◎つながるみらいテラスでは、引き続きご利用児童様を募集しております。
ご見学・ご利用体験等いつでもご相談ください。

ご連絡お待ちしております。

《児童発達支援》0歳~未就学のお子さま
《放課後等デイサービス》小1~高3までのお子さま

☆つながるみらいテラス☆

〒545-0021
大阪市阿倍野区阪南町5-24-22
ツインハイツ栄和1階南側

TEL:06-6699-4411 寺尾まで

メールによるお問い合わせ

 

前の記事へ 一覧に戻る 次の記事へ

つながるみらいテラスへの
お問い合わせはこちら

pagetop